低身長でワンピースをバランスよく着るには視線を上にあげることが必須

低身長でワンピースをバランスよく着るには視線を上にあげることが必須

キッズサイズのTシャツやスキニーパンツや厚底靴やライダースジャケットやデニムジャケットなど、低身長さんに最適なファッションアイテムには様々なものがありますが、ワンピースも低身長さんの強い味方です。
低身長さんがワンピースを着用するときに意識すべきことについてですが、視線が自然と上に行くように襟付きを選んだりスカーフを巻いたりする、首元が大きく開いたデザインやミニ丈は身長の低さが際立つので首元が詰まったデザインのロング丈を選ぶ、上下が分断されると縦長ラインが強調されないのでコートやジャケットやカーディガンなどの羽織ものも長めにする、横幅が際立つボーダー柄や淡い膨張色は選ばないなどがあります。
冬場は首元にマフラーを巻くとボリュームが出て視線が上がり全身のバランスが良くなりますし、チョーカーで首元をシャープに演出するのも効果的です。
人の目の錯覚を利用するちょっとした工夫をするだけで、低身長さんでもバランスよく着こなせるようになります。

低身長が似合うワンピースは明るい色のもの

低身長が悩みの種となっている人は多いものです。
高身長の人がカッコよく着こなせる衣服を着られないことで悩んでいる人でも、工夫次第で上手にスタイル良く着こなすことはできます。
例えば、ワンピースなら明るい色を選ぶといいかもしれません。
黒などのダーク色はとてもカッコよく見えます。
しかし、この色を低身長の人が着ると寸胴に見えてしまうこともあるのです。
スタイルが良く見えるようにするためには、できるだけ明るい色を選択しましょう。
実際に店頭で試着してみることをおすすめします。
ピンクとブラックというように、明るめと暗めを交互に着てみることで違いが確実に分かるはずです。
全身が映る姿見でチェックすることをおすすめします。
また、ふんわりとした裾が広がったタイプもあれば、ストンと落ちるようなタイトスカートのようなタイプもあるため、デザイン性も考えて着てみるといいかもしれません。
こうして比較することで自分に似合う衣服が分かります。